yokobuttonの不定期で競技プログラミングをするブログ

不定期で解けた競技プログラミングコンテストの問題を載せています。

windows10でのC++のプログラミング環境設定(mingw-w64+VSCode)

今回の記事はほとんど自分用です。

windows10でのC++のプログラミング環境の方法を載せます。

 

7-Zip.exeのダウンロードとインストール

圧縮・解凍ソフト7-Zipをダウンロードしてインストールします。(mingw64の解凍用です)

 

mingw-w64のダウンロードと解凍

mingw-w64のダウンロードページ

https://sourceforge.net/projects/mingw-w64/files/

に行って、インストーラではなくその下の

x86_64-win32-seh

をクリックして7zファイルをダウンロードします。

x86_64-8.1.0-release-win32-seh-rt_v6-rev0.7z」というファイルがダウンロードされるので、これを解凍します。

解凍したら、「mingw64」というファイルができるので、このファイルをC直下に移動させます。

 

VSCode(VisualStudioCode)のダウンロードとインストールおよび設定

VSCodeのダウンロードページへ行って、User Installerをダウンロードします。

https://azure.microsoft.com/ja-jp/products/visual-studio-code/

実行し、インストールします。

 

起動したら、左側にある「Extentions」で「C/C++」と「Japanese Language Pack for Visual Studio Code」をインストールします。再起動すると日本語環境になります。

 

「フォルダを開く」でソースコードを置くフォルダを開きます。

「新規ファイル」でファイルを作成し、「名前を付けて保存」で保存します。

簡単なプログラム(helloworldなど)を作成します。

 

上側にある「表示」の「コマンドパレット」から「C/C++:構成の編集(UI)」をクリックします。

コンパイラパスの欄に「C:\mingw64\bin\g++.exe」を入力します。

IntelliSenseモードを「windows-gcc-x64」に変更します。

 

ビルドしたいファイル(先ほど作成したファイル)を表示した状態で

「コマンドパレット」から「タスク:既定のビルドタスクを構成する」をクリックします。

 

ビルドしたいファイルを表示した状態で上にある「ターミナル」から「ビルドタスクの実行」をクリックすると、「ファイル名.exe」の実行ファイルが作成されます。

 

実行はコマンドプロンプトでします。

「スタートメニュー」の「windowsシステムメニュー」に「コマンドプロンプト」があるので、クリックして実行します。cdコマンドで先ほど作成したフォルダに移動し、実行ファイルのファイル名を入力すると実行されます。

 

実行すると「libstdc++-6.dll」と「libgcc_s_seh-1.dll」が見つからないとシステムエラーが出るので、「mingw64」のフォルダから検索して、ソースコードのあるフォルダにコピーします。

 

これで無事にwindows10でC++のプログラミングができるようになりました。